メルちゃんの長いお出かけ

愛犬のことで、ご迷惑・ご心配をおかけしております。
7月末よりお世話時間の調整や変更をいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

おかげさまで、愛犬に精一杯尽くすことができました。

愛犬メルは、15歳まであと5日というところ。
8月21日の朝、家族に囲まれ、母の腕の中で眠るように息を引き取りました。

9月は自身の気持ちの整理と休養にあてるため、少しスローペースでお仕事をさせていただきたいと考えております。たくさんのお祈りと応援をいただいたみなさまに、シッター・トレーナーとして、できる限り恩返しができればと考えております。

何かお困りのことございましたら、お声がけいただければ幸いです。

また、はじめて私へのお申し込みをご検討いただいているみなさまには、今しばらくのご理解とご協力をいただけましたら幸いです。お目にかかれるときを、楽しみにしております。

 

ここに少し、記録を残そうと思います。
愛犬が骨髄検査に耐えられる状態ではなかったため確定診断はできませんでしたが、

・免疫介在性溶血性貧血
・非再生免疫介在性貧血
・赤芽球癆

上記のいずれかではないかと言われていました。
いずれも、生きるために失ってはならないもの(のうち、赤血球)を失うという難病です。

 

晩年は時々大きな爆弾を作っては病院にお世話になっていましたが、歯周病と、老化に伴う腎不全・肝機能障害以外には基本的には健康で丈夫だった愛犬。

2019年7月29日の深夜、様子がおかしいので夜間救急に連れて行くと軽い胃拡張を起こしていたとのこと。処置+夜間様子見で預かるということで、そのまま朝まで預けることになりました。

朝に目覚め、何の連絡もなかったのでご機嫌でお迎えの準備をしていると、突然の電話が。

最初は軽度だった胃拡張がおさまらず、明け方に全身麻酔をかけて胃洗浄をしたとの報告がありました。

全身麻酔
胃洗浄?

血の気が引いて病院に迎えに行くと、愛犬は昏睡状態でした。

約3週間に及ぶ闘病の幕開けです。

 

・・・・・・・・・・

 

あまり色々なことがありすぎて、記憶が飛んでいることも多々あるかと思います。

ですが、少しずつ、愛犬と私たちが病気と闘った記録を残そうと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

メルちゃんの長いお出かけが始まりました。

いつか胸を張って虹の橋までお迎えに行けるように、
愛犬たちから教わったことを精一杯活かして、この仕事を続けていこうと思います。

引き続き、ご愛顧いただけましたらしあわせです。

 

また、メルを可愛がってくださった皆様。
優しいみなさまに支えられ、とてもしあわせな子でした。

本当にありがとうございました。

大切なお知らせ

現在、8〜9月のご予約カレンダーを対応不可に設定しております。

 

7月末より愛犬が体調を崩し、現在もICUで治療を続けております。
生命に直結するようなダメージは乗り越えましたが、
この先の状況次第ではしばらくの間シッター活動ができない可能性があるため、
8〜9月の対応を原則不可とさせていただきます。
お盆どき、シッターのニーズが高まるこの季節に私ごとで大変なご心配とご迷惑をおかけいたします。

 

リピーター様は、もしご要望ございましたら私の緊急連絡先へご相談ください。信頼できる代行者を可能な限り探させていただきます。

 

新規でのご相談の場合は、GREEN mom.カスタマーセンターへご相談ください。

 

カスタマーサービスへの相談ポイント>
GREEN mom.には技術・経験・人格など様々なシッターが活動しております。
そのため、どのような技術・どの程度の経験・どのような信念・どのような人柄のシッターを探しているかなどを出来るだけ明確に伝えると、より安全で、かつパートナーにあったシッターが見つかるかと思います。

 

ここに訪れた皆様に、素晴らしいご縁がありますようお祈りしております。

 

大変わがままなお願いで恐縮ですが、
ほんの少しだけで構いません。
うちの子の回復にお祈りパワーを分けていただけたらと思います。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

大切なお知らせ

現在、8〜9月のご予約カレンダーを対応不可に設定しております。

 

7月末より愛犬が体調を崩し、現在もICUで治療を続けております。
生命に直結するようなダメージは乗り越えましたが、
この先の状況次第ではシッター活動ができない可能性があるため、
しばらくの間は対応を原則不可とさせていただきます。
お盆どき、シッターのニーズが高まるこの季節に私ごとで大変なご心配とご迷惑をおかけいたします。

 

リピーター様は、もしご要望ございましたら私の緊急連絡先へご相談ください。信頼できる代行者を可能な限り探させていただきます。

 

新規でのご相談の場合は、GREEN mom.カスタマーセンターへご相談ください。

 

カスタマーサービスへの相談ポイント>
GREEN mom.には技術・経験・人格など様々なシッターが活動しております。
そのため、どのような技術・どの程度の経験・どのような信念・どのような人柄のシッターを探しているかなどを出来るだけ明確に伝えると、より安全で、かつパートナーにあったシッターが見つかるかと思います。

 

ここに訪れた皆様に、素晴らしいご縁がありますようお祈りしております。

 

大変わがままなお願いで恐縮ですが、
ほんの少しだけで構いません。
うちの子の回復にお祈りパワーを分けていただけたらと思います。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

最新:ご予約状況

up date - 2019.07.09 ------------

 

7月 おやすみ(確定)

28日(日)・31日(水) 終日

7月 ご予約状況

<シッティング@honey suns or GREEN mom.>
リピーターのみ受付可
ご相談はメッセージにてお知らせください。

<トレーニング@honey suns>
継続中の場合:通信カウンセリングのみ受付可
ご新規の場合:8月期の初回カウンセリングご相談受付可
メッセージにてお知らせください。

 

8月 おやすみ(予定)

18日(日)・24日(土)・25日(日) 終日

8月 ご予約状況

<シッティング@honey suns or GREEN mom.>
平日 月・火・木・金 日中の対応不可
(10:00以前18:30以降対応可)(祝日の場合は対応可)

10日〜17日のご予約が大変混み合っております。
おきまりのご予定がございましたら、お早めにご相談ください。
ご相談はメッセージにてお待ちしております。

<トレーニング@honey suns>
継続中の場合:後半で受付可
ご新規の場合:9月期の初回カウンセリングご相談受付可

以上

急なご相談に関しましては、緊急連絡先へご相談ください。

何卒、宜しくお願いいたします。

 

★ 鍵の受け渡し方法について、ご注意ください。
リピーターのお客様・ご新規のお客様にかかわらず、鍵をお預かりする際、お約束忘れ・遅刻などのトラブルを未然に防ぐため、待ち合わせなどでの受け渡しはご遠慮いただいております。
鍵の受け取りができない場合は、お世話をお受けすることができません。

鍵については、以下方法でお渡しいただきますよう、お願いいたします。
レターパック(お世話3日前までの必着)
②ポストイン(外部から鍵がなくても郵便受けにたどり着ける場合のみ)
③ご自宅の管理受付(コンシェルジュ)に預けていただく
④事業所(所在地:自由が丘)へ直接お届けいただく

ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

年中無休から不定休になります

 

はじめに

いつも大切なパートナーのお世話をお任せいただき、ありがとうございます。

今までほぼ年中無休で営業してまいりましたが、
今後は1ヶ月の中で何日かお休みをいただくこととしました。

一に、自身のコンディションを整え、向上する時間を持つため。
二に、愛犬の15歳を目前に、できるサポートを行いたいため。

今後もみなさまにお力添えできるよう努めてまいりますので、今までと変わらず、まずはメッセージにて日程のご相談をいただけますと幸いです。

 

おやすみの決め方

前月15日までにいただいたご予約を元に予定を確定し、翌月のカレンダーを×に変更します。ご予約・ご相談は、できる限りお世話日の前月15日までにいただけますと助かります。
(例:6月15日までにいただいた7月のご予約を元にシフト・ルート・おやすみを決定します。7月のご予約は6月15日までにお申し込みorご相談ください。)

 

急なご用命について

今までと変わらず、できる限りでお伺いさせていただきたいと考えております。

GREEN mom.をご利用の場合、できる限り私の緊急連絡先にお知らせください。

下記を一年以内に行っている場合は、急なご用命にもお応えしやすくなります(すでに予定が入っていることもありますため、必ずのお約束は致しかねますことを予めご了承ください)。

  • 面談(事前打ち合わせ)
  • honey sunsへのご登録
  • シッティング
  • レッスン(1クール中1回でも受講済)

ただし、鍵の受け取りが難しい場合にはその限りではございませんのでご注意ください。

 

さいごに

愛犬(愛娘)の時間の感覚でいえば、ヒトの1日は4日に相当します。そして私自身の時間も有限です。なんで私の身体は一つしかないのかなぁと肩を落とすことが多々ありつつも、限りある一瞬をより大切に、実りあるものにするため、今回おやすみを作ることを決めました。冒頭にもお伝えいたしましたが、今後もみなさまとパートナーがよりハッピーに暮らすためにお力添えをしていきたい気持ちに変わりはございません。

今後とも、どうぞ、お付き合いをいただけますとさいわいです。

 

 

読書+晴耕雨読

晴耕雨読」とは。

晴れた日には外で畑を耕し、
雨の降る日は室内で読書をして過ごす。
つまり、世の喧騒を離れ悠々自適の暮らしを営むことを言うそうです。

日々の全てがより素晴らしいものになるよう自身の行動を選択する。とうオリジナル解釈で、いつも心に留めるようにしています。

雨の日は体調がすっきりしていることが多いので、お散歩やお出かけをするのも大好きなんですけどね(笑)。この言葉に感じる意味合いが、割と幼い頃から大好きなのであります。

関東も梅雨入りしたとのこと。
雨降りが少し派手な日は、愛車ものんびりお昼寝です。
あまり気はすすみませんが、そんな日は仕方なしに電車で移動・・・
今朝方は駅のホームに本を落とし、汚れが取りきれず大変しょんぼりいたしましたが(。o̴̶̷̥ωก̀。)グ、運転をしていないと読書ができるという良い点もありますね。

 

閑話休題

前回購入した本も(一冊を除いて)読み終わってしまいました。
とても良い本たちばかりで、早速参考にさせていただいています。
近頃は、新しい本や、今まで手にした中でも基礎となる本を読み返しています。

先月購入した本たちについて、タイトルだけ紹介・・・

f:id:honeysuns:20190606150920j:plain

右から:猫との暮らしが変わる遊びのレシピ/愛犬のためのホリスティック食材辞典/(改訂版)愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されたら読む本

すでに「猫との暮らしが変わる遊びのレシピ」は読み終えていますが、
ハズバンダリートレーニン*1の大切さや方法に触れている素晴らしい本でした。

猫と暮らしている方、暮らし始めた方にはぜひ必読いただきたいなと思いました。

 

「愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されら読む本」については、現在進行中。
先代が患っていた病気なので、色々な想いが溢れてなかなか進まない・・・。

 

「ホリスティック食材辞典」は、辞典なので時々パラパラめくっては「へぇ、ほう」と感心しています(栄養学<行動学のためどうしても偏りが・・・食は生命を作る大切で直接的なものですので、今後少しずつ深めていきたいです)。

 

それでは。

運転がないとブログも更新できるので、もう一つ良いことありましたね(笑)。
できるだけ皆さまに素敵な情報を発信できるよう、日々精進。

 

また次回の更新でお目にかかれることを、楽しみにしております。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

*1:

※ハズバンダリートレーニングとは・・・「受診動作訓練」。
投薬(口を開けて服用・シリンジから服用など)やブラッシング、体重計の上でじっとするなど、より安全で健康的にパートナーと暮らしていく上で必要不可欠なトレーニング。

honey sunsではご希望があればお世話の中でハズバンダリートレーニングをすることが可能です(ただし、パートナーが習得したトレーニングでも投薬などはオーナー様自身がいつか行うため、方法のお伝えが必要です。その場合、一緒にレッスンする必要がありますが、その際は別途ご相談ください)。

体感型動物園 iZoo

※記事内(続きを読む以降)に爬虫類(ヘビ)の写真があります。

 

毎日お世話やトレーニングで駆け回る毎日を過ごしております。
なかなかブログも更新できておりませんが、自身のオペも無事に済み、痛みも治まって安定してまいりました。ご心配をおかけいたしました。また、休養へのご理解をいただき、深く感謝申し上げます。

 

休養の間、ちょっとした調べ物から目にした記事。

www.e-aidem.com

上記事より、「体感型動物園 iZoo」の存在を知りました。
記事に飛んでくださった皆さんはもうお分かりかと思いますが、iZooは爬虫類・両生類専門の動物園。取り組みの一環として、飼いきれなくなった爬虫類・両生類(特定外来種生物は対象外)の引き取りを行っているそうです。

 

izoo.co.jp

動物商という立場であった園長が、「輸入するだけして後のことはもう知らないとは言えない」と。

その責任感と、「ヒトと動物が共生する社会へのおもい」から及ぶ言動が目に見える形で現れている、そんな素敵な施設があるならば!!と、すぐさまiZooに行きたくてしょうもなくなっていた矢先、良いきっかけがあり訪れることができました。 

 

ですが大変乗り物に弱い私。
自慢にしてもいいほど、新幹線や電車でも酔ってしまうほど虚弱な三半規管の持ち主です(でも趣味はボルダリング)。東名新東名と乗り継ぎ、伊豆縦貫道を降りた先の山道が私をじわじわ追い詰め、宿泊施設に到着した頃にはダウン寸前・・・それでも体調を回復させるため深呼吸を繰り返し、意を決して伴侶と一緒にiZooへ向かうことができました。

 

そこで出会った小さな動物たちは、とても穏やかに、のんびりと、そしてわりかし自由に生きているようでした。

見る限りとても清潔で、特に強く感じたことは、
「在るべき場所に在るものは、恐ろしくも気持ち悪くも感じない」
ということでした。


リクガメは館内を自由にあるきまわり、
閉館間近で集まってお話ししているスタッフさんの身体には、とてつもなく大きなヘビが巻き付き(笑)、
出口付近には(おそらく)彼らの餌になるであろうゴキブリさんのお部屋などもありましたが(笑)。

 

彼らに共通していることは、
怖がらせたり、脅かしたり、意味なく攻撃したり、お腹を空かせたり。
そういったことがなければ非常に穏やか。ということ。
犬や猫だけではなく、すべての動物において、好戦的で攻撃的なモノはいないってことなんでしょう。

攻撃には、必ず理由がある。うん。

(続きを読む>ヘビの写真が出ます)

続きを読む